指輪の太さに注目しておく

指を綺麗に見せるためには、指輪の選び方を工夫しておくと良いでしょう。
例えば太い指の人の場合、少しでもかわいらしく見せたいからと、細いリングを選んでしまうことがあります。好みのデザインだったり、特別な思い入れがあったりなど、どうしてもそれでなければいけないなら構いません。ただ、人の視線というのは目立つものに向けられてしまいがちですから、指に注目が集まる可能性が高いです。その点で言えば、存在感のある太めのリングをはめておくと、そちらに目が行きます。なおかつバランスも良くなるので、手元が綺麗に見えるのです。
逆に指が華奢な人が太いリングにしてしまうと、指輪だけが浮いて見えてしまうかもしれません。そのため細めのものを選ぶようにしておく方が無難です。

形にこだわるなら気をつけたいポイント

指が短いので、指輪をはめても似合わないと悩んでいる人も多いでしょう。そんな時に選ぶと良いのがV字やUの字に加工している指輪です。これは根元がもともとある位置よりも下がって見えるため、指が長くなったと錯覚させることができます。加えて、分厚いものよりも細身ですっきりとしている指輪の方が、より指を細く長く見せられるのです。
中には指が細すぎる、または長いのがコンプレックスだと感じている人も珍しくありません。本来ならどんなタイプの指輪でも似合いますが、さらに綺麗さを演出するなら、指輪を重ね付けしてみるのも良い方法です。それ以外にもウェーブしているものや、クロスしたものもボリュームが出て、綺麗に見せられます。

婚約指輪を横浜で探してみませんか。宝石の卸店が経営しているお店なら2人で予算10万円以下、しかもプラチナという婚約指輪を見つけ出すことができます。

© Copyright Classic With Traditional. All Rights Reserved.